お知らせ

英科学誌Nature advance online publicationに「アミノ酸に応答する味覚受容体発見」の論文掲載
カリフォルニア大学サンディエゴ校Zukerらのグループは、T1Rファミリー(味覚受容体ファミリー)の2種類のG-タンパク質共役受容体(T1R1, T1R3)をヒト培養細胞に同時に発現させることによって、アミノ酸に対する応答が見られることを報告した。マウスにおいては、この受容体は甘味を呈するアミノ酸を中心に広く応答し、この応答はイノシン酸(IMP)の存在によって増強された。ヒトの受容体を発現させた場合には、グルタミン酸とイノシン酸が共存したときにこの相乗効果は最も顕著であり、このことからヒトにおけるうま味の受容がこの系(T1R1+T1R3)で起こる可能性が示唆された。ただし、この受容体はこれまで報告されてきた味覚の代謝型グルタミン酸受容体mGluR4に比べると味物質に対する応答性が広く、味覚のグルタミン酸受容体と呼ぶよりは、うま味物質を含むアミノ酸の味に応答する受容体と位置づけられるであろう。

Nelson,G., Chandrashekar,J., Hoon,M., Feng,L., Zhao,G., Ryba,N. and Zuker,C. Nature advance online publication, 24 February 2002 (DOI 10.1038/nature726)

このページのtopへ
お知らせリストへ


Copyright(C)Society for Research on Umami Taste., 2000. All rights reserved.