研究会の活動

●情動と食 -適切な食育へ向けて-
2014年6月13日(東京)
目次
表紙
日本の食文化 その伝承と食の教育
 江原 絢子
 東京家政学院大学名誉教授
和食を支えるだしの魅力-おいしさと健康機能-
 近藤 高史
 味の素株式会社 イノベーション研究所
だしの機能 グローバルなうま味とローカルなだし
 伏木 亨
 京都大学大学院 農学研究科
子供たちに伝えたい日本の優れた発酵食品
 谷 和樹
 玉川大学教職大学院
摂食障害とうま味について-脳神経基盤との関連から
 中里 道子
 千葉大学大学院 子どものこころの発達研究センター
食と情動に関する最近の研究事例
発達障害の子供たちを変化させる機能性食品

 平山 諭
 臨床スキル研究所
このページのtopへ
研究会の活動リストへ


Copyright(C)Society for Research on Umami Taste., 2000. All rights reserved.