研究会の活動

●うま味とおいしさを生み出す科学の世界 伝統から先端科学技術へ
2011年5月20日(東京)
目次
表紙
うま味、おいしさを生みだす科学技術の世界:味、香り、色
 村田 容常
 お茶の水女子大学大学院
  人間文化創成科学研究科
グルタミン酸生産の歴史
 佐野 千明
 味の素(株) イノベーション研究所
メイラード反応とおいしさ〜伝統食品の解析から見えてきた“おいしさ”の一側面〜
 勝又 忠与次
 キリン協和フーズ(株) 食品開発研究所
味と香りの関連 食品開発の新しい視点
 下田 満哉
 九州大学大学院 農学研究院
フレッシュクリームの革新製法『あじわいこだわり製法』の開発
 小松 恵徳
 (株)明治 知的財産部
醤油のおいしさを持続させる新容器「Pouch In Dispenser」の開発
 ヤマサ醤油(株) 製造本部
 茂木 喜信
このページのtopへ
研究会の活動リストへ


Copyright(C)Society for Research on Umami Taste., 2000. All rights reserved.