研究会の活動

●食べ物のおいしさと"こく" 2002年5月24日(東京)
目次
表紙
シンポジウムに寄せて
 伏木 亨
 京都大学大学院 農学研究科
料理における"こく"とは
 服部 幸應
 学校法人服部学園
今何故、商品開発に「こく」か
 古西 正史
 Office 16
ビールのこくについて
 谷村 修也
 キリンビール株式会社醸造研究所
"こく"を作り出す製造・加工法−天然系調味料の開発経験から
 宮村 直宏
 味の素株式会社 調味料・食品カンパニー
"こく"に関連した食感
 畑江 敬子
 お茶の水女子大学大学院 人間文化研究科
"おいしさ"と"こく"−だし、脂肪への嗜好性
 伏木 亨
 京都大学大学院 農学研究科
おいしさを認知する中枢メカニズム
 山本 隆
 大阪大学大学院 人間科学研究科
このページのtopへ
研究会の活動リストへ


Copyright(C)Society for Research on Umami Taste., 2000. All rights reserved.