研究会の活動

●食べ物のおいしさ 1997年3月21日(東京)
プログラム
表紙
おいしく味わう脳のしくみ
 山本 隆
 大阪大学人間科学部行動生理学講座
食べ物のおいしさとテクスチャー
 川端 晶子
 東京農業大学農学部栄養学科
おいしさの心理
 今田 純雄
 広島修道大学人文学部心理学教室
プロテアーゼを用いた呈味性ペプチド類の酵素合成
 麻生 慶一
 日本獣医畜産大学畜産食品工学科
魚の鮮度とおいしさ
 坂口 守彦
 京都大学農学部水産学科
食肉の熟成による呈味向上のメカニズム
 西村 敏英
 広島大学生物生産学部生物生産学科
発酵食品の魅力 -風味からみた「醸すこと」の意味-
 小泉 武夫
 東京農業大学農学部醸造学科
だしの成分とおいしさ 〜こく、あつみの探索
 上田 要一
 味の素株式会社食品総合研究所
脂肪のおいしさ
 伏木 亨
 京都大学農学部食品工学教室
このページのtopへ
研究会の活動リストへ


Copyright(C)Society for Research on Umami Taste., 2000. All rights reserved.